1. Top
  2. » SPLUSH WAVE
  3. » 竜王ちゃんの野望
  4. » 竜王ちゃんの野望 戦闘・戦略解説

竜王ちゃんの野望 戦闘・戦略解説

実際の戦闘に関してのアドバイス記事になります。

何気にこのゲームは三すくみなどもありますので、
理解しないままプレイしていると効率が悪いままです。

見落としていることが無いか、確認してみましょう。
☆実は、キャラクターの武器タイプごとに相性がある

ほか→説明で戦争の欄を見てみるとわかりますが、
実は武器のタイプで相性があります。

各キャラの武器タイプは、戦争で出撃メンバーを選択するとき、
各キャラの立ち絵が表示されていると思いますが、
その立ち絵の左上のほうに、剣や星のアイコンがあると思います。
それがそのキャラの武器属性を示しています。

グループA(剣、ナイフ、爪、牙)
近距離武器タイプ
グループBとD対して攻撃時プラス補正がかかる。
グループB(槍、鞭)
中距離武器タイプ
グループCとD対して攻撃時プラス補正がかかる。
グループC(槌、斧)
重量武器タイプ
グループAとD対して攻撃時プラス補正がかかる。
グループD(扇、杖)
魔法用の武器タイプ
殴り合いは苦手で、グループA・B・Cから大ダメージを受けてしまう。
その代わり、魔法威力上昇がついていますので、魔法を駆使するのが得意です。
グループE(盾)
有利不利が存在しないが、ダメージ軽減が付いているので打たれ強い。
基本的に王様タイプのキャラがこのタイプです。
グループF(☆)
万能型、すべてに対して少しだけプラスの補正がかかります。
基本的に勇者タイプのキャラがこのタイプです。


各武器の相性は・・・

剣は槍に強く、槍は斧に強く、斧は剣に強いという風になっています。
気付いた人もいるかもしれませんが、
ファイ○ーエムブレム・聖○の系譜やユグドラ・ユ○オンとかの相性とは正反対です。

あれらの作品は、
剣は斧に強く、斧は槍に強く、槍は剣に強いでしたが、
それの逆でこのゲームでは返り討ちにあってしまうという事です。


ゲーム中のキャラの属性の特徴でいいますと、
原作三作目の戦士は、男性タイプは斧、女性タイプは剣です。
それに兵士系のキャラは、グラフィック的には槍を持っていますけど、実際の属性は剣です。

このゲームの場合、斧が剣に有利ですから、
斧系のキャラは、剣タイプ、爪タイプ、兵士系などにぶつければいいということです。
但し、斧系のキャラは、移動力が低いことが多いので
そこを補う必要を考える必要があるかもしれません。

ただ勘違いしてはいけないのは、剣を持っていても勇者系のキャラは、
基本的に星タイプですから逆に相性が悪いです。
調子に乗って勇者系のキャラに、斧系のキャラで気軽に突撃(スキル)とかはしないように気をつけましょう。

後、鞭系のキャラは槍と同じ兵種として扱われますので、
ゼシカみたいに魔法っぽいけど鞭とかのキャラは注意。
かといって、鞭(槍)は剣に弱いですし、攻撃力も低いキャラなので
無理に近距離戦はしないほうがいいです。
(ゲルダとかは、魔法使いとか相手なら殴っても良いですが)

グループDは、魔法武器のタイプ。
上の説明でもあるように、すべてのタイプに対して不利です。
その代わり、特性として魔法威力上昇が付いています。
単純に攻撃力・防御力だけでなく、兵種の相性としても不利になっていますから、
殴り合いは極力避けるようにしましょう。
こういったタイプのキャラは、魔法で遠距離からの活動がメインになります。

グループEは、盾タイプで、
王様タイプのキャラがこの属性に設定されていることが多いです。
このグループは、有利不利は存在しませんが、
特性としてダメージ20%カットがついていますので、しぶといです。
特に厄介なのがローレシア王とかですね。
そこそこ攻撃力があるくせに、敵として戦う場合は君主として城に陣取りますし、
その上、時間が経っていると練度も100になっていて、
盾属性の20%カットも加わって落とすのが面倒だったりします。

グループFは、万能タイプ、
主人公も含めた各作品の勇者タイプのキャラがこの属性です。(但し、ローレシアの王子は剣タイプです)
このタイプは、他の全ての属性に対して少し有利に設定されていて、弱点がありません。
自分で運用しているときは、そこまで気になりませんが
敵が星タイプの場合、こちらのぶつける兵種には気をつけましょう。
そういったのが相手の場合は、補助魔法なども駆使していくと良いでしょう。

※剣、斧、槍は、杖に対して有利。
でも☆は、杖に対しても少し有利なだけです。
なので、杖を攻撃するときの有利補正は、剣、斧、槍のほうが☆よりも上です。


☆地形は、移動力だけでなくダメージにも影響する

地形は移動力だけでなく、防御力にも影響します。
悪い地形で戦えばダメージが増えてしまいます。

特に50カ国モードでは、少数精鋭で突破することが多くなるので、
なるべくいい地形で交戦することを心がけましょう。

BとAだけでもかなり違います。
ちゃんとAの地形で戦えるのならAの地形で戦っていきましょう。
(もちろん、敵のほうも不利な地形におびき寄せることも出来ればベターです)

そして、敵として戦う場合は、地形Sを持っている相手に注意。
例えば、ライアンは平地S、アリーナは城S、ガボは森と山にSを所持しています。

単純な数値の印象以上に、「何かこいつ強い」と感じた場合は、
敵が有利な地形に立っていないか確認してみましょう。

(これは、城への適正が高いキャラが、太守として城の上に立っている場合などにも言えます。
特に王様系のキャラは、城の適正がAなことが多いので、盾タイプの上に有利な地形に立っているので、
敵に回したときにあれだけ硬いわけです)

逆に地形Sのキャラを仲間にしたら、
その地形がかかわりそうな戦地に送ってやると良い
でしょう。
(ただ、地形だけでなく、攻撃・防御の値も重要ですし、
兵の練度もしっかり確保しておかないといけません)


☆防御や撤退コマンドを見落としていませんか?

このゲームは、マップ上をクリックしてのコマンドだけでなく、
画面下側中央にもコマンドがあります。
(全軍撤退とかが表示されているところですね)

特に便利なのが防御コマンド。
キャラクターを左クリックして、移動しないまま画面下の防御の項目を選択することで、
防御待機ができます。

城に乗っかって城のHPを削るモードなどになって、
他の敵と交戦する気が無いときとかは、このコマンドを使いましょう。

後、使い物にならなくなって、戦場においておくと邪魔なキャラは、
キャラクターを左クリックで選択した後、撤退で退かせる事も可能です。

ちなみに、それまでに敵を捕らえている場合、
そのキャラを撤退させるときに、ついでに現時点で捕らえている捕虜を連れ帰ることが可能
です。


☆城壁に関して

[正攻法に君主を倒すことを狙う場合]

攻めるときに、最後の障害として立ちはだかるのが城壁です。
城のマスの上に乗っているキャラは、
城の恩恵として防御力が大幅に上昇します。

この恩恵は城壁の防御値がある限り発生し続けます。
(城の防御値は、画面左下のほうに表示されています)

そして、城の防御値は、
普通の戦闘だと少しずつしか削ることができません。

防御値が200くらいあると、
その防御値が0になるまで、上に乗っかっているキャラに防御補正がかかりますので、
敵自体のHPは城の効果で全然減らない上に、
敵の反撃は普通にダメージを喰らいますので、こちらはどんどん消耗していってしまいます。

そこで重要なのが、魔法攻撃。
魔法で城の上に乗っているキャラを攻撃すれば、城の防御値に一気にダメージが入ります。
メラとかで50くらいのダメージ、イオとかは2体同時に当てれば200くらいダメージが入ることがあります。

ですので、城に乗っているキャラには、
まず魔法攻撃で城の防御値を削り、
城の防御値を0にしたら、城の上のキャラに手を出していくようにするといいです。

その点から言っても、魔法攻撃を早いうちに使い切ってしまうと、
城の防御値を削るための魔法が撃てなくなるので、
基本、魔法攻撃は城の防御値を0にするために使うものと考えていたほうが良いです。

城の防御値がなくなったら、後は普通どおりに
総大将をフルボッコにして戦争に勝てばいい、これが基本パターンです。


また、魔法だけでは削りきれなくて、
殴りあいも城の上でしないといけなくなった場合、
まずは魔法使いや僧侶など、殴りが下手なほうを狙いましょう。

なぜかと言いますと、城の防御値がある内は、
敵が硬いですから、こっちだけ反撃ダメージを喰らっていきます。
魔法使いなどの敵なら、殴りが弱いのでこちらも反撃ダメージをほとんど受けません。

しかも、防御が低いキャラを殴ったほうが、
城へのダメージも高いようです。
城を削りきる目的でも、まずは弱いキャラのほうを叩いていきましょう。
(城に上にいるのがどちらも強いとかなら、総大将を狙ったほうが良いですが)


[敵を釣って城を落とす場合]

方法が難しいですが、この方法ができるようになれば、
少数でも勝てるようになります。

こちらの兵力が極端に少ない場合、
城にいる大将まで動いてきて、こちらに総攻撃をかけてくることがあります。
これを逆手に取って、横を通り抜けて、城そのものにこちらが乗って、
城のHPをゼロにして落としてしまうという方法です。

この方法を実行する場合、
まず、城にいる敵キャラが飛び出してくるくらいの戦力バランスを把握する必要があります。
大体、3人出撃して、2人が兵数40以下くらいだと、
敵が城を放置して飛び出してくることが多いです。

この敵が飛び出してきたら、後は2人で敵を引きつけて、
1人が横を「ちょっとそこ通りますよ~」と抜けていって
城に向かえばOK。

このときに、回り込む予定のキャラを最初から
回り込みやすい位置に持って行こうとしないこと。
最初から単独で動いてしまうと、敵も警戒してそっちに流れてきますので、
最初は3人で固まって行動し、敵が釣れた後から、
回り込み担当は動き始めるといいです。

当然、釣り担当のキャラが耐えるだけの強さを要求されますし、
回り込むキャラも移動力と城を落としていけるだけの性能が要求されます。

このときに便利なのが、ピオラ、ピオリムなどの移動力アップ系の魔法、
それに、ラリホーなどの敵の動きを止めるタイプの魔法です。
これらを駆使すれば、さらにやりやすくなるでしょう。

ただ、この方法で戦争に勝つと、敵をほとんど倒していないので、
勲功が貯まりません。

「テクニカルな事が出来てるぜ」という充実感は得られますけど、
キャラは育ちにくい点には注意してください。


また、応用として城を占領するのではなく、
総大将を狙って、集中的に攻撃して潰すという方法もあります。

※少数で出撃すると敵を釣る事ができるということは、
沼地など、厄介な地形が想定される場合、
わざと少数で出撃して、敵のほうに動いてもらうという戦法もあります。



[城に乗っているキャラを押し出す戦い方]

終盤になると、敵も城を強化しまくっていて、
魔法で防御値を減らしきるとかの話ではなくなってきます。

そういった場合は、
[せいけんづき]や[たいあたり]のスキルは、稀に相手を後ろに押し出すことがありますので、
吹っ飛ばして、城から追い出してしまうという手があります。

スキルで吹っ飛ばしても、そのキャラは行動を終了しますから
移動を行うことはできません。
そのままターンを終了しても、敵がまた動いて城の上に戻ってきてしまいます。

かといって、後ろに控えている補助系のキャラした動けないから、
仕方なく補助系のキャラを城へ移動させても、
次のターンに敵からボッコボコにされてしまいます。

ですので、せいけんづきとかで押し出す戦術を使う気なら、
押し出した後に城へ移動して居座って、
戻ってこようとする敵に立ち塞がって食い止めるキャラも、セットで連れてこないといけません。


それとか押し出した後に、ラリホーなどで、
その押し出した敵を眠らせて行動不能にして、

次のターンにじっくり強いキャラが城へ移動するとか、
そういった戦術もあったりします。

ラリホーを使う気なら、
ラリホーを使うキャラは、押し出す方向の反対側にあらかじめ回り込んでおいて、
その位置からラリホーを使うという手もあります。


また、敵が城から動こうとしない場合、
手間はかかりますが、強いほうには手を出さず回り込んで
(強い敵からは攻撃を仕掛けられない位置で、弱いのだけ攻撃して)弱いほうから潰して、
そこから、弱いの倒して空いた城の上マスから、武闘家が
残りの強いほうをせいけんづきで押し出すという方法もあります。

これだと、2体 城にいるときは押し出せる方向がないような状況でも、
1体倒してそこからなら押し出せる方向があるということもありますので、
そういった押し出し方もできないか考えてみましょう。



☆補助魔法を使いこなそう

上でも触れていますが、このゲームでは魔法の使いどころが鍵になります。
特に強い敵と戦う場合に重要になるのが、
スクルトやバイキルトなどの交戦を補助する魔法です。

強い敵には、スカラ・スクルトによる補助をかけておけないと消耗が激しくなりますし、
バイキルトをかけてからの突撃(スキル)を使用したときの
爆発力は凄まじいです。

また、ラリホーで眠らせている状態の敵を殴っても大ダメージを与えられます。
(移動も封じられますし、ラリホーは結構あなどれない魔法です)


☆育てるときは集中的に

このゲームは勲功で成長させていきますので、
育てるキャラをはっきりさせたほうが良いです。

普通に領地を広げていく分には、勲功でアップさせなくてもなんとかなりますが、
竜王の島にカーソルを合わせて、竜王たちのステータスを見てみましょう。

最後は、あれに張り合わないといけないのですが、
当然、スペシャリストたちを育てていないときついです。

下手に分散させずに集中させて育てたほうがいいでしょう。

そして、魔法使い系のキャラに関しては、
城の防御値を落とすため、という役割に捉われがちですが、
戦い方として、城を破壊しなくても勝てる戦いとかでは、
城破壊のために魔法を温存する必要はありません。


そういったときは、トドメに使って、
魔法使いキャラの勲功を貯めるという手もあります。
(それこそ、ファイ○ーエ○ブレムでトドメを担当させるような感じで)


☆各キャラクターの役割は?

[防御力が高いキャラ]
防御力が高いという事は、他のキャラよりも殴られることを引き受けることに適しています。
強い敵を封じれない場合、誰か殴られないといけないというのなら、
当然、防御力が高いキャラが引き受けないといけないでしょう。
要するに、正面担当ということですね。

その場合、敵に有利な地形で戦わせないこと。
なるべくなら、自分が有利な地形で敵の攻撃を受けること。
地形の相性をこころがけましょう。

後、一斉攻撃と突撃のスキル、どっちを持っているかで
位置取りの有効性が違ってきますので、そこも考える必要があります。
一斉攻撃とかを持っている場合は、一斉攻撃が活かされる位置に、
敵を包囲したり、囲める位置に呼び込む流れにしていくことも心がけましょう。


[攻撃力は高いけど、防御力が低いキャラ]
防御力が低いということは、殴られるのは困るということです。
でも、攻撃力は高いので、それを活かせる相手にぶつけたい。
ということは、殴り返される攻撃が痛くない相手を殴っていくということです。

となると、ねらい目は魔法使いや僧侶です。
武闘家や盗賊などの火力は高いけど、防御が低いキャラは、
打たれ弱いキャラを一気に潰してしまうのに適していると言えます。

要は脇道や回りこみ担当で、弱いところを一気に突けるように
補助魔法や忠誠ボーナス、装備をそろえてあげると良いでしょう。
特に山や森など悪路に強いキャラがこのポジションで活躍しやすいです。
(悪路で移動力が落ちないので、好きな位置に移動しやすいため)

城壁の値が高い地方へ攻め込む場合、
せいけんづきでの吹っ飛ばし作戦を考慮してみるのもいいでしょう。
その場合、ふっ飛ばした後に城の周りをこちらが固めることができるメンバーも厳選しておきましょう。


[魔法使い]
城破壊という役割がありますので、攻めでの運用がメインになります。
守備で配置した場合、下手すると開幕に殴られて、いきなり沈みかねないので注意。
そういう場合は、最初に出撃させず、戦闘中に城の周りから出撃させたほうがいいかもしれません。
とは言え、そもそも守備では魔法使いはあまり配置しなくて良いでしょう。

城壁の値が高い地方には、魔法使い一人では城を破壊しきれない可能性があります。
攻める前に城壁の値を確認し、必要なときは2枚、3枚揃えるとこも考慮しましょう。


[僧侶]
兵士の減少は、それだけ補充にも金がかかるということです。
補充した場合、練度が下がってしまいますので、
なるべく戦闘中に回復するだけして、戦闘を終わらせたほうがいいです。
そのため、攻めでも守りでも、回復担当がいるに越したことはないですが、
特に欲しいのは守りのときです。

防衛戦というのは、強いキャラが城に踏ん張って耐えますから、
殴られる機会も多いです。
それに、総大将がやられたら負けですし、城の上に立っていられる人員がいなくなってしまって、
相手に城に乗っかられると危険ですから、頭数を減らすわけにもいきません。
なので、攻め以上に守りのときは、回復が重要になります。
防衛が想定される箇所には僧侶をセットで配置しておくと良いでしょう。


[サポートキャラ]
バイキルトやラリホーなどの補助が使えるキャラは、それだけで十分に価値があると言えます。
特にバイキルトは消費SP1なので、
「もう、あなたはバイキルトをかけておくだけでいいから」というくらい、
それだけで存在意義が発生します。

ただのどの補助魔法もそうですが、必要のある相手にかけないといけないので、
組み合わせをよく考えましょう。


☆戦略においての要所を把握しよう

攻める箇所というのは、攻めていきたい箇所を進めていけば良いので、
それほど問題はありません。

重要なのは守備です。
守備をたくさん配置していては、消耗も激しいですし、兵士を増やしていくので収支にも影響が出ます。

そこで守備の配置として重要なのが、蓋を出来る箇所で蓋をしておくという点です。

例えば、50カ国モードで重要になる箇所は、
サントハイム(アリーナの国)やグランバニア(5作目の主人公の国)です。

サントハイムを例に考えてみますと、
サントハイムは中央北側に位置する国ですが、ここを確保できれば、
そこより東の箇所を全て食い止めることが出来ます。
(サントハイムの南東のブランカは、サントハイム南西のラダトームとはつながっていないため、
サントハイムより東の国は、絶対にサントハイムを突破しないといけません)

ということは、サントハイムを確保して、
そこに守備に適した強めのメンバーで蓋をしておけば、
東側への対策はOKということになります。

もちろん、これはサントハイムより西側、
特に北西側の領土でスタートしたときの話です。

実は50カ国モードの配置を良く見てみますと、
サントハイムとグランバニアまでの間は、激戦区になっています。
歴代作品の主人公たちがここに終結していますので、
当然、好みとか強いキャラを最初から誰か仲間に、ということを考えると、
その範囲でスタートすることも多くなるでしょう。

ですから、50カ国モードをやる上では、
このサントハイムやグランバニアで蓋をするというのは結構関わってくる課題です。
(グランバニアは、ドムドーラまで進めても構いませんが)

そういった感じに、防御のために配置しないといけない箇所を
極力少なくすることを考えてみましょう。


さらに応用形として、同盟を駆使していくという方法があります。

例えば、50カ国モードで、ローレシアやラダトームを所持しているとしましょう。
その状態で、ローレシアの左横のハルミドと同盟を結べば、
一直線のラインができて、分断できます。

ここからグランバニアまでを埋めていき、
そこからサントハイムを取って、
サントハイムから北西を埋めていくというやり方もできます。

同盟も含めてラインを作ってみる、同盟を結ぶにしても
そういったことを考えて相手を選んでいくと良いです。


☆戦争は必ずしも勝つ必要は無い

要所で食い止めることの解説をしましたが、
せっかく戦力を集めておいて、ずっとそこで立ち止まっているだけというのも面白くありません。

ですが、仕掛けて勝ったら、無駄に領地が広がってしまいます。
そういったときは、戦争を仕掛けるだけ仕掛けて、
ある程度 敵を捕獲したら全軍撤退をしてみると良いかもしれません。

ただ、撤退するときに敵の近くだと捕まりやすいようです。
深入りせずにおびきよせたものだけ倒して撤退すると良いでしょう。
(データロードを縛っている場合は、万が一にも捕まった場合ショックが大きいですから、
あまり使える手ではありませんが。
でも、コツがつかめたら、ほとんどつかまることは無い感じです)

そのときに君主が仕掛けてきたら、捕獲してしまえるので、
説得すれば一気に領地を獲得できますし、
処刑すれば空白の地方ができます。
ただ、空白の地方は、治安や支持率がぐんぐん下がっていきますし、
大量に国を持っている君主の場合、それだけ空白の地域が一気に発生しますので、
本来、戦って倒すべきところを空白から手に入れるので、戦闘の回数も減ってしまい、
キャラクターが育たなくなってしまいます。

必ずしも処刑することがいいとは限りません。


☆忠誠100のキャラは、捕虜で捕まえてもほぼ説得は成功しない

忠誠100のキャラは、ほぼ説得が成功しませんので
解放するか処刑するしかありません。

無理に説得に挑戦して、行動力を無駄に消費しないようにしましょう。

尚、公式のコメントによりますと、
君主キャラは、その国との友好度が高い場合、
稀に説得で仲間になってくれることもあるとのことです。

ですが、友好をあげるための進呈は、本国(主人公がいる地方)でしか実行できませんし、
一回で5しか上がりませんし、
仮に大量の領地を持っている君主をいきなり倒して捕獲し、
説得で仲間にして、領土も全部譲り受けた場合、それだけ戦闘無しで地方を手に入れますから、
君主を捕らえて処刑した場合と同じくキャラクターも育たなくなります。

必ずしも、楽して領土が増えることがいいとは限らないので注意しましょう。

関連記事

[FANZA 攻略作品]

福音のアパスル ミッシングリンク 白銀のイクシア  神威-KAMUI- 魔神受胎

Evening Starter THE HEART OF DARKNESS-ザ・ハート・オブ・ダークネス- Lilitales -リリテイルズ- セックス&ヴァーデンリッテ


注目作品 RPG (DLsite)
深淵の探索者 エルドランテ -ELDORANTE- ナイトメアガールズ MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~ SEQUEL blight SEQUEL awake King Exit 戦乱のヘキサ 軋轢のイデオローグ テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間- Ambrosia アンブロシア ナイトテール
注目作品 ACT (DLsite)
ロールディアの翼 アユラクライシス! ニャンフーガール:トアルデータノ奪還 ソウルオブファンタズム 銑鉄の探索者 真夜中のサキュバス城【18禁版】 サキュバスの剣 悪魔を誘う唄 プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~ Bullet requiem -バレットレクイエム- Trigger Happy TriggerHappy2 -DarkStriker-
注目作品 PZL・TBL (DLsite)
葉露 Way'' Way Rabbit Burn
注目攻略作品

最新攻略作品

FANZA
THE HEART OF DARKNESS-ザ・ハート・オブ・ダークネス-

THE HEART OF DARKNESSの攻略ページ
メニュー
DLsite ランキング
DLsiteのポイント還元について
マイページ

作品・評価レビュー

マイ評価

を選択し、購入済みの作品を
5段階評価で評価しましょう。
購入から3ヶ月以内に評価すれば、
同人の場合、ポイントが10%還元されます。
※ポイント購入の場合は還元されません。
(3%ではなく、10%が基本になりました。
商業などは3%のままです)
FANZA専売
蒸気都市の探偵
FANZA
FANZA
彼とわたしと店長の深夜勤務

彼とわたしと店長の深夜勤務2

 彼とわたしと店長の深夜勤務3

 よろこべ男子!!裏チア部

 週末のたわわ総集編+α

魔物の贄~囚われたエルフの末路~

おねえさんとなつやすみ

新しい母はロシア人!?親父にないしょで新妻寝取り!
FANZA
ハニーセレクト 〜コンプリートパック〜

 コイカツ! トリロジーパック
FANZA(RPG)
深淵の探索者

FUMIKA FANTASY

Ambrosia アンブロシア

テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-

ナイトメアガールズ

ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~

ダンジョンタウン ~遺跡の森に密着マシマシ二週目パッチ

ダンジョンタウンEX ~夜魔と淫魔の聖誕祭