1. Top
  2. » フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち-
  3. » フォーリン・ラビリンス アイテム図鑑コンプリートへの道

フォーリン・ラビリンス アイテム図鑑コンプリートへの道

クエストの一つでもある、アイテム図鑑のコンプリート。

このゲームは、武器や防具だけでなく、
ジェム、宝の地図、書物、衣装など様々なカテゴリのアイテムがあり、
アイテム図鑑をコンプリートするには、それらをすべて見つけないといけません。

そして、これらはゲームクリアに必須なわけではなく、
やりこみ部分にあたるコンテンツです。

この記事では、その部分までやりこみたいという人のために、
その宝の地図などの要素に関しての解説していきます。
[解説項目一覧]


アイテム図鑑の確認方法



基本的な話ですが、アイテム図鑑自体はどこで確認できるかに関してです。
これはアイテム欄で[アーカイブス]を使用して、
アイテム図鑑を選べば確認できます。

埋まっていない箇所も[????]で表示されますから、
その項目の総数などは確認可能です。

また、アイテムの並び順から、取れていないアイテムが
どのランクのアイテムなのかを推測することも可能です。
(例えば、Rank7とRank5のアイテムの項目が埋まっていて、
その間が不明なら、その部分にはRank6のアイテムが入るのだろうな、
という感じです。)



宝の地図の仕組み



宝の地図は、浅い階層(第3階層まで)では出現しません。
これは、夜に宿屋の2階で話しかけると聞けます。
(※宿屋の2階は入るたびに、座っている人物の構成が変わったりします。)

実際に、敵を狩りまくって確認したのですが、
地図の番号が、完全に階層の深さと対応しているとは、限らない印象です。

ただ、見つけやすいテクニックとしては、
各キャラクターの運勢の値を上げておくことです。

ジェムの[戯神の観戦]を装備したり、
アンクレット系のアイテムを使用したりすると、運勢が上昇します。

祝福のアンクレット、豪運のアンクレットの2種は、重複可能なので、
探すと決めたときは、両方とも出撃キャラに一気に使ったりしておくといいでしょう。


そして、宝を集めるためには、敵を倒しまくる必要があり、
アンクレット系のアイテムは1日経過してしまうと、効果が消えますので、
MPを枯渇させずに、どう戦い続けるかが重要になってきます。

スキルとして便利なのが、
魔術師のLV13で覚える[瞑想]です。
これがMPを補充出来ますので、これを覚えているメンバーが多い方が、
長く戦い続けられます。

後は、強い敵を素早く殲滅するために便利なのが、
猟兵のLV28で覚えられる[絶命撃]です。
覚えるまでが大変ですが、クリア後など、稼ぎがしやすい状況なら
[絶命撃]まで揃えてから、アンクレットを使用したほうがリズムは良くなります。

※クリア後にやる場合は、戦闘を高速化できるアイテムも手に入っていますので、
アイテム欄で使っておくのを忘れずに。
(後、オウドラゴン専用の強いアイテムも手に入っていますから、
それもオウドラゴンに装着しておきましょう。)

※後、邪道な方法になるかもしれませんが、
ファノの固有イベントの時に行った村の中央に、
HP・MPを全快させる女神像があります
ので、それを利用すれば、
日数を経過させずに全快することが可能です。
(但し、回復するのは、主人公、トルテ、ファノの3人のみで、
サブヒロイン達は回復しません。)


[宝の地図1]


第6層でドロップを確認しました。

宝が埋まっている場所は、
[街はずれの廃屋]の入り口、家に入らずに外周、北西側です。

[街はずれの廃屋]は、
テイニィが加入する時のクエストで行くダンジョンです。


[宝の地図2]


第8層でドロップを確認しました。

宝が埋まっている場所は、[南の洞窟]。
ダンジョンのボスが眠っていた棺桶の横です。

[南の洞窟]は
巫女募集のクエストで行くダンジョンです。


[宝の地図3]


第9層でドロップを確認しました。

宝が埋まっている場所は、[メノウ山のふもと]。
ボス部屋のさらに奥、帰り道の部分。
(入り口からすぐ北に見えますが、回り込んでボス部屋の先まで行かないと、
該当の地点には行けません。)

[メノウ山のふもと]は、
暴れ牛娘を退治するときに行くダンジョンです。


[宝の地図4]


第10層でドロップを確認しました。

宝が埋まっている場所は、[魔剣の遺跡]。
入り口の左側に埋まっています。

[魔剣の遺跡]は、
プリスティーナの固有イベントで行くダンジョンです。


[宝の地図5]


第7層でドロップを確認しました。

宝が埋まっている場所は、[コズロフト坑道]。
東の部屋を進み、2つ部屋が並んでいるところにきたら、
左の部屋に入って、地図と同じ場所を調べればいいです。

[コズロフト坑道]は、
冒険者学校設立のクエストで行くダンジョンです。


[宝の地図6]


ラストダンジョンでドロップを確認しました。

宝が埋まっている場所は、[スクープ洞窟]です。
ボスが居た部屋の左端に埋まっています。

[スクープ洞窟]は、
踊る液体の討伐依頼のときに行くダンジョンです。



結婚指輪と結婚システム



他の記事で触れることが無かったので、この記事で解説します。

結婚指輪は、魔法屋に売られています。
(いつもジェムを鑑定している、あの店です。)

結婚指輪を持って、役所(冒険者ギルドの南の建物)に行って、
結婚の手続きをすれば、ヒロインと結婚することが可能です。


但し、結婚にはいくつか条件があります。
その条件というのは・・・
  • 結婚指輪を持っていること
  • キャラクターの固有イベントをクリアしていること
  • 役所に必要な料金を払う事
以上の条件を満たすことがあります。

結婚指輪を持っていることは当然として、
キャラクターの固有イベントをクリア(専用スキルを習得する)まで関係が進展していないと、
結婚を受け入れてくれません。

固有イベントに関しては、
キャラクター解説の記事で説明していますので、
そちらを参照してください。

そして、厄介な性質が、[役所に必要な料金を払う事]です。
最初は料金が少ないですが、
重婚の数が増えてくると、40000とか50000とか必要になりますので、
お金が飛んでいきます。

他に必要なことがあるなら、
そちらを優先してもいいでしょう。


ちなみに、結婚することで、
そのキャラ専用の結婚指輪が手に入ります。
[トルテの結婚指輪]、[ファノの結婚指輪]など。

当然、各ヒロインの結婚指輪も1つのアイテムですので、
アイテム図鑑をコンプリートしたければ、
全員分の結婚指輪を入手しないといけません。


供物の祭壇の注意点



ストーリー終盤で行ける[供物の祭壇]。
ここでは、ランダムで神をおびき寄せるか、
香料を使って、狙った神をおびき寄せるかして、
そのボスと戦闘出来ます。

見落としがちですが、
ラストダンジョンで、ラスボスの手前で戦う3体のボス、
あれも神ですから、倒した後は供物の祭壇で再戦できます。

[最初に供物の祭壇で戦う事ができるボス]
  • 暴竜(レッドドラゴン)
  • 魔蛇(ヨルムンガンド)
  • 戦神(デスアーマー)
  • 偽神(いにしえの偽神)
  • 輪廻(デスライフ姉妹)

[撃破後に供物の祭壇で戦う事ができるボス]
  • 花神(ネフェルテム)
  • 女神(スカディ)
  • 神獣(スレイプニル)


[各ボスのドロップアイテムの傾向]



ボスごとにドロップするアイテムの系列が違い、
各ボスごとにアーティファクト(Rank10よりさらに上)の武器をドロップします。
(つまり、アーティファクトの武器は、
普通のダンジョン探索ではなく、ここで神を倒しまくって入手しないといけないという事です。)

※ドロップを確認できた相手は記載していますが、
おそらく、そのボス限定ではなく、その系列を落とすボスなら、
他のボスからでも入手可能だと思います。

[暴竜(レッドドラゴン)のドロップアイテム]

  • 両手武器
  • 片手武器
  • 両手剣と杖のアーティファクトのドロップを確認

[魔蛇(ヨルムンガンド)のドロップアイテム]

  • 双剣
  • 格闘武器
  • 格闘武器のアーティファクトのドロップを確認

[戦神(デスアーマー)のドロップアイテム]

  • 両手武器
  • 双剣
  • 格闘武器

[偽神(いにしえの偽神)のドロップアイテム]

  • 片手武器
  • 弓のアーティファクトのドロップを確認

[輪廻(デスライフ姉妹)のドロップアイテム]

  • すべての武器

[花神(ネフェルテム)のドロップアイテム]

  • 片手武器
  • 双剣
  • 片手武器と双剣のアーティファクトのドロップを確認

[女神(スカディ)のドロップアイテム]

  • 杖のアーティファクトのドロップを確認

[神獣(スレイプニル)のドロップアイテム]

  • 両手武器
  • 格闘武器

※各ボスの攻略は、ストーリー攻略のクライマックスの項を確認してください。
ちなみに、デスライフ姉妹とかと戦う時に戦闘不能になってしまうと、
運勢上昇とかも解除されてしまう
ので注意しましょう。


その他 アイテム図鑑を埋める上で見落としやすい部分



[家を買った時(建てたときではなく、買った時です)にもらえる、それぞれの家の鍵]


これもアイテムですから、宿屋暮らしからいきなり家を建てる段階へ進んだ人は、
ちゃんと役所で他の家も買って、鍵をもらっておきましょう。


[スキル書も一つのアイテムです]


本屋で変えるスキル書も、1つのアイテムですので、
覚えさせる気が無くても、1回はそれぞれ買っておかないと、
アイテム図鑑が埋まりませんので、注意しましょう。


[酒場の名物]


宿屋の2階の酒場で売られているアイテム。
これもアイテム図鑑に関わってきます。

特に、[海の砦の探索]のクエストをクリアした後に、
[ピリ辛チキン]が売られるようになりますので、
それも1度は購入しておきましょう。


[ロトリーチケット]


金貸し屋で買えるロトリーチケット。
これもアイテムですから、1回は購入しておきましょう。


[魔法屋]


ジェムの鑑定や結婚指輪とかで忘れがちですが、
魔法のランプとかも1度は買っておきましょう。


[トルテやファノの髪型変更のアイテム]



これは、ラビリントスの各フロアで、
雑魚敵を全滅させたときに開く宝箱から出現することがあります。

幸運を高い状態にして、
第1層から順番に全滅させながら進んで行くと、集めやすいです。


[トルテやファノの衣装]



衣装メダルは、釣りでのポイントを交換するか、
ダンジョンで雑魚敵を倒したときの宝箱などで入手できることがあります。

ただ、それよりも、こちらが強くなっていて
瞑想などでMPの循環も克服できる状態でしたら、
敵全滅の宝箱からダイレクトに衣装が出るのを狙ったり、
各フロアに時々出現している淫魔モンスターを倒していく方がいいでしょう。

ですが、一部の衣装は、中々入手できず、
仕立て屋で作成してもらわないといけない可能性もありますので、
埋まりきらないのは、仕立て屋で作成することができないか、確認してみましょう。

衣装がどうしても埋まらない場合、
日付を変えて、淫魔モンスター狙いに切り替えてみるのもいいかもしれません。

ただ、衣装は最後の1個が埋まらないとかが多いです。

関連記事

FANZA 専売作品
PRIMITIVE HEARTS 蒸気都市の探偵少女 淫紋の契約者サバス -処女の私が搾精なんて出来るわけないじゃないっ!
FANZA 同人作品(ETC)
インサルトオーダー 〜生イキにゃん娘の快堕メニュー〜 すごろくネイキッド 葉露
FANZA 同人作品(RPG)
エルドランテ -ELDORANTE- ナイトメアガールズ 腐界に眠る王女のアバドーン 「MANGEII-ネオ時代劇エロRPG-」 Ambrosia アンブロシア ナイトテール テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間- 軋轢のイデオローグ
FANZA 同人作品(ACT・STG)
ロールディアの翼 プリンセスディフェンダー〜精霊姫エルトリーゼの物語〜 アルプスと危険な森 ソウルオブフォージュリー Guilty Hell 白の女神と亡者の都 Eliminatorカエデさん Bullet requiem -バレットレクイエム- TriggerHappy2 -DarkStriker-
FANZA 攻略済み作品
Lilitales -リリテイルズ- ミッシングリンク 白銀のイクシア THE HEART OF DARKNESS -ザ・ハート・オブ・ダークネス- Curse Errant ソーサリーキングダム 雷神7 雷神7パワーアップキット
最新攻略作品
魔剣物語 魔剣使いと霧の王国の攻略ページ

橋を奪還してから、
都市部へ侵入する箇所。

この都市で苦戦している人が、
かなりいると思いますから、
探索のアドバイスを。

都市に侵入して、
最初の十字路を西に行きましょう。

海が見えたら北へ。

海岸線は、
上・右・上・右と、北東を目指していきます。

風景が街に戻ったら、
十字路(赤い牛に注意)に出るので、
そこを南へ。

橋の崩れた部分に宝があると思います。
さらにその宝箱からまっすぐ右にも、
宝箱があり、これが敏捷15上がる剣ですので、
これを取っておけば、逃走成功率が、
かなり安定すると思います。
アップデート
フォーリン・ラビリンスの攻略ページ
24時間ランキング
DLsiteのポイント還元について
マイページ

作品・評価レビュー

マイ評価

を選択し、購入済みの作品を
5段階評価で評価しましょう。

購入から3ヶ月以内に評価すれば、
同人の場合、ポイントが10%還元されます。

※ポイント購入の場合は還元されません。
(3%ではなく、10%が基本になりました。
商業などは3%のままです)
注目作品 RPG (DLsite)
エルドランテ -ELDORANTE-

From Frontier











MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~

SEQUEL blight

SEQUEL awake

SEQUEL colony



FalseMyth~謀欲のサクリファイス~

テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-