1. Top
  2. » May
  3. » 雷神7
  4. » 雷神7 覇王プレー 艦隊指揮

雷神7 覇王プレー 艦隊指揮

この作品の肝とも言うべき艦隊指揮です。

そこまで複雑なシステムではありませんので慣れてしまえば、
繰り返し作業に近くなります。
[艦隊を構成する]

まずは艦隊コマンドから新規作成して艦隊司令を決めます。
基本的に性能がいいキャラを使ったほうがいいのですが、
キャラの階級で配備できる艦隊の数が違います。
いくら性能のいいキャラでも分9位とかばかりだと艦隊数が少なすぎます。
多少性能が落ちてでも、位の高い人物も混ぜましょう。

艦隊攻撃と艦隊防御に目が行きがちですが、数も重要です。
数値にこだわらず、ちゃんと数を実装できるキャラを混ぜたほうがいいです。


[配備する艦隊の種類を決める]

艦隊編成画面での配備指示の項目を決めることによって、
配備される艦隊の種類を限定することができます。

暴動が起きそうな惑星をいつでも占領しなおすための艦隊とかは、
少し陸戦が欲しいので、ランダムでもかまいませんが、
攻めるための艦隊とかにはちゃんと指示するようにしましょう。

戦艦・・・主砲攻撃が強い。
空母・・・艦載機攻撃が強い。
巡洋艦・・・行動順が早い。
揚陸艦・・・陸戦部隊を載せることができる。
工作艦・・・要塞建設に向いている。
駆逐艦・・・機雷を配備に向いている。

PUK無しの場合、戦艦と揚陸艦以外いりません。
この2つで大体なんとかなります。


艦隊VS艦隊の場合、基本となるのは戦艦です。
しかし、戦艦は陸戦部隊を配備できません。
戦艦で相手部隊を殲滅して惑星上空を制しても、
戦艦だけだと陸戦が配備されていませんので惑星の防衛陸戦と戦闘できません。

そこで揚陸艦の出番です。
揚陸艦を惑星に重ねることによって陸戦の戦いが始まります。

揚陸艦自体は艦隊同士の激突には弱いので、
いかに戦艦などが揚陸艦が上陸できるまでの道を切り開くかになります。


[艦隊の移動]

艦隊の移動は、艦隊画面の移動コマンドで行き先を指定したり、
ワールドマップでの艦隊のいるマップを右クリックなどでコマンドを呼び出したりします。

艦隊移動のルールとして、移動は1マスずつ。
(機動の数値は戦闘時の行動順にしか影響しません)

自国、同盟国の惑星は1ターンで瞬間移動できる。
同盟(従属含む)の艦隊がある場合は、たとえワープ可能な場所であれ、
ワープすることはできない。

たとえば、同盟国の惑星にワープしようとする場合、
そのワープしたい惑星に同盟国の艦隊が1つでもあると、その場所へはワープできません。
また、その場所にいなくても、そのターンにその惑星から同盟国の出撃やワープが重なると、
こちらのワープは却下されます。
完全にすっからかんで、しかもそのターンに横入りがないときのみワープできます。

この仕様からして、同盟国が敵の戦線と一番近い場合、
同盟国がそこからガンガン出撃しますので、
後方からワープで短縮してプレイヤーも最前線に行きたくても、
いつまでもその惑星が空いてくれなくて、
後ろからトボトボ1マスずつ追いかけていかないといけません。

そこらへんのことも考えると、
なるべく一番前の惑星は、プレイヤーが所有しておきたいところです。


※:細かいことになるのですが、
艦隊画面から移動を指示する場合、現在位置の箇所をクリックしてしまうと、
その艦隊の現在位置の画面に切り替わってしまいます。

ちょうど右利きの人がクリックするあたりに項目がありますし、
艦隊の移動を指示するときも現在位置でまとめてから指示しようとしますから、
どうしても、現在位置のところでそのまま左クリックを押してしまいがちです。

移動を指示しようとして、何度もワールドマップに切り替わっている場合、
意図しないで、その艦隊の現在位置を調べて表示させてしまっています。

これは、慣れてもやりがちなので、何で指示出せないかといったら、
そうなってしまっているということを理解しておきましょう。


[惑星制圧時の注意]

惑星を占領した場合、占領時に重なっていた艦隊の総司令官の性格によって、
略奪するかどうかが分岐します。
略奪をした場合、女性やアイテムを入手できます。
但し、略奪をすると民忠が下がってしまい、独立してしまう危険性が高くなってしまいます。
略奪をした場合は、すぐに惑星コマンドで民忠を確認し、
経済担当に指示を出して民忠を回復しましょう。



[機雷に関して]

艦隊に機雷が搭載されている場合、
マップ上の艦隊を右クリックすることによって、機雷を配置できます。
(メニューの艦隊画面ではなく、マップの艦隊をじかに右クリックです)
機雷がある箇所では、機雷が代わりに攻撃を受けて盾になってくれます。

そして、敵が機雷のある地点を通過する場合、
機雷の数に応じてダメージを受けながら通過しないといけないことになります。
(機雷に関してはPUKなのかどうかとか、バージョンでいろいろありますので、
マニュアルの戦闘関連の項目を読んでおきましょう
その他にも地形の性質など、
マニュアルの戦闘関連には色々と書かれていますので、必読です)


[要塞建設に関して]

要塞を建設できる技術開発度に届いている場合、要塞を建設できます。
これもマップ上の艦隊を右クリックで指定します。
すると、その地点に要塞を建設し始めます。

要塞建設には、新たに要塞司令官を任命する必要があります。
(艦隊司令と同じです。
つまり、現状で艦隊に乗っている人材とは別に、
もう一人、要塞司令用の無職の人材が必要ということです。)

要塞建設を進めるには、他の艦隊も引っ付いてあげないといけません。
要塞司令というのは、要塞が出来上がったときに要塞で砲撃をする人物のことであって、
要塞を建設する人物ではありません。
要塞の建設を進めるのは、要塞に重なってあげている他の艦隊です。
戦艦や空母などに建設のパラメータがあるのもそのためです。

要塞建設にはかなりのターン必要で、出来上がるまではただの的でしかありません。
しかし、出来上がれば強力な攻撃を放ち、並大抵のことではやられません。
しかも、ワープ地点としても利用できます。

但し、プレイヤーは基本、攻める側ですのでその箇所に留まって強力なものがあっても、
プレイヤーサイドは動いていきますから宝の持ち腐れになりやすいです。
どちらかというと挑む側として、その性能の恐怖を味わわされるでしょう。
(PUKだと要塞の恐怖は嫌というほど思い知らされます)

関連記事

[FANZA 攻略作品]

福音のアパスル ミッシングリンク 白銀のイクシア  神威-KAMUI- 魔神受胎

Evening Starter THE HEART OF DARKNESS-ザ・ハート・オブ・ダークネス- Lilitales -リリテイルズ- セックス&ヴァーデンリッテ


注目作品 RPG (DLsite)
軋轢のイデオローグ エルドランテ -ELDORANTE- ナイトメアガールズ MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~ SEQUEL blight SEQUEL awake SEQUEL colony ミラの祓魔師 King Exit 戦乱のヘキサ Ambrosia アンブロシア 幻想のアイリス FalseMyth~謀欲のサクリファイス~ ナイトテール テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間- キリエの異界漂流記
注目作品 ACT (DLsite)
ロールディアの翼 アユラクライシス! ニャンフーガール:トアルデータノ奪還 ソウルオブファンタズム 銑鉄の探索者 真夜中のサキュバス城【18禁版】 サキュバスの剣 悪魔を誘う唄 プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~ Bullet requiem -バレットレクイエム- Trigger Happy TriggerHappy2 -DarkStriker-
注目作品 PZL・TBL (DLsite)
葉露 Way'' Way Rabbit Burn
サマーセール開始
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
攻略済み 割引作品
追加アップデート攻略

THE HEART OF DARKNESSの攻略ページ
アップデートの攻略を追加しました。
(とはいえ、サブクエスト1つだけですので、
ボリュームは全然ありませんが)
注目攻略作品

メニュー
DLsite ランキング
DLsiteのポイント還元について
マイページ

作品・評価レビュー

マイ評価

を選択し、購入済みの作品を
5段階評価で評価しましょう。
購入から3ヶ月以内に評価すれば、
同人の場合、ポイントが10%還元されます。
※ポイント購入の場合は還元されません。
(3%ではなく、10%が基本になりました。
商業などは3%のままです)
FANZA専売
蒸気都市の探偵
FANZA
FANZA
彼とわたしと店長の深夜勤務

彼とわたしと店長の深夜勤務2

 彼とわたしと店長の深夜勤務3

 よろこべ男子!!裏チア部

 週末のたわわ総集編+α

魔物の贄~囚われたエルフの末路~

むっちり女教師

魔女は結局その客と。。。
FANZA
ハニーセレクト 〜コンプリートパック〜

 コイカツ! トリロジーパック
FANZA(RPG)
FUMIKA FANTASY

Ambrosia アンブロシア

テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-

ナイトメアガールズ

ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~

ダンジョンタウン ~遺跡の森に密着マシマシ二週目パッチ

ダンジョンタウンEX ~夜魔と淫魔の聖誕祭